いちご酢のお話(※仲介料0円です)

いきなり画像を。

『ちご酢』に見えますが『いちご酢』です。

前回は、かみさんが『ひみ食彩まつり』に行ってきた話でしたが、その際『いちご酢』も買ってきておりました。

『いちご酢』のことも書きなさい!!

と、お達しがあったので、ここでお披露目させて頂きます。

というか、いちご酢を作っている方が、かみさんの知人だったりします。

実はここだけの話ですが・・・・私は酢が苦手です。

大根と人参を千切りにして酢をあえた『おなます』とかは、食べれんわけでは無いですが、好んで食べたいとは思いません。(イカが入れば食べます(笑))

あの、ツンとした酸っぱさがイマイチなんです。

なので、え?いちご酢? 何に使うん??と思いましたが、

かみさんが、飲んでみなさい!!

と言うので、酢を飲むんかい・・・と思いながら、恐る恐る口にしたところ

酢の概念が変わりました。

ほのかな酸味と、スッキリしたいちごの甘みが見事にマッチしてました。

少し調べてみますと

・ストレート
・水割り
・牛乳に入れる
・ヨーグルトに入れる など

で、美味しく頂けるとのこと。

これは、良いものだと思いましたが、あの試飲以来、私の口には入っておりません。

どこに行っているのだろう、いちご酢は・・・

なんか宣伝めいて来たので、ここで終わりますが、ネット販売をする『かも』しれないということでした。

もし本当に、氷見のいちご酢に興味があおりでしたら、とりあえす当店HPよりお問合せ下さいませ。販売元をお知らせします(※当然ながら仲介料は不要)

どれだけ宣伝しても、私の方には一銭も入りませんが

今晩のお酒のオツマミは、たぶん1品ぐらい増えているでしょう(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

→→→→→後日、続編書きました。

ひみ食彩まつりで、幸せな気分に。

ひみ食彩まつりに行ってきました。

かみさんが(笑)

友人に誘われたんですが、とても楽しかったそうです(旦那は仕事)

お土産に、氷見高校海洋科学科の生徒さんが作った、海産加工品を買ってきてくれました。

 

これだけお酒のオツマミが揃うと、とても幸せな気分です。

『お父さんが食べたいかと思って、つい買って来た!!!』

と、嬉しいことを言ってくれましたが

獲物を狙う目だったので、何となく半分なんだなと察しました。

午前中で、ほぼ完売するテイクアウトだけの食彩まつりですが、結構面白いらしいです。

機会があれば氷見までお出かけ下さい。

(私も行ってみたい)

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

 

またイベントが終わっていたと思ったら、まだやってた

行きたいなあ、と思っていたイベントが、いつの間にか終わっていた、ということがよくあります。

斎藤弥九郎没後150年記念の、『資料解説会』が10月に2回にありました。

私は高岡で仕事して、そこそこ長いですが、住まいは氷見市ですので郷土のことも興味があります。

斎藤弥九郎については、ネットに多く情報がありますので、詳しく無い私が多く語りません。

幕末に剣術の『練兵館』を創立し、長州藩士を多く教えました。

門下生の中には、桂小五郎、高杉晋作、品川弥二郎、井上馨、伊藤博文など、教科書に出てくる名前がずらりです。

リアルに歴史上の人物と交流している姿を想像したら、ワクワクしますね。

どんな会話をしていたんでしょうかね・・・・・

 

特別展は11月7日までやってるので、できれば見学に行きたいと思います。

いつの間にか、イベントが終わってませんように・・・・・

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ